f:id:sken616:20160511221231p:plain

暇な時間に遊ぶ最適ゲームが貴重な時間をどんどん食べてくれちゃってます。

その名も「Factorio-ファクトリオ-」

資源を集めてクラフトする打ち込み系ゲームです。

プレイ画面はこんな感じ↓

f:id:sken616:20160511221756p:plain

ご覧の通りめっちゃくちゃです。これは何をやっているのかというと、レール上を資源が走っていて、それを工場に運び入れ、そこから機械の部品なんかを作成して、それをまた他に運び入れて電子部品を作って…とどんどん自動化してそれが動いてるのをただただ見て楽しむ最終的にはロケットを飛ばすゲームみたいです。自信がないのはただただ自動化を進めて眺めてるのが楽しくてゴールに向かってないのが原因です。

ちなみに主人公はクリーンな星に不時着した不幸な青年のようです↓

f:id:sken616:20160511222716p:plain

星には特に文明はなく、とても綺麗な星のようです。

それをどんどん開発して環境汚染するのがゲスの極み主人公なわけです↓

f:id:sken616:20160511223123p:plain

どうだこの汚染環境!石炭をどんどん燃やして電気を作りつつ、海にはどんどん汚水を垂れ流しております!!

ちなみに悪いことをしていると原住民の怒りをどんどんかってきます↓

f:id:sken616:20160511223813p:plain

囲まれてふるぼっこにされてますね。目的を達成に向かうにつれ環境汚染はどんどん進んでいきます。そうすることで原住民たちもどんどん凶暴になり施設の破壊に乗り出してきます…

ただただやられるのを指を咥えて見てるだけか?違うんだなこれが、しっかり防衛することができます。壁をおったて自動砲台をこさえて襲ってくる敵をしっかり撃退することができます↓

 

f:id:sken616:20160511224538p:plain

壁の外で横たわる原住民の方々…この主人公は大きな犠牲のもと故郷に帰ることを目指してるようです。

開発を進めていくとこんな風に戦車を作って巣に突入するなんてこともできちゃいます↓

f:id:sken616:20160511224829p:plain

まあがっつり襲われて虫の息ですがね…それでもヒットアンドアウェイを繰り返しながら巣を潰して回るのも中々楽しいです。(病んでるとか言わないでね…

楽しみ方はもっといっぱいあって、電車走らせて遠くから資源を集めたり、自動で動くロボットを使って作業の効率化をはかったりすることが可能です。魅力ある遊び方については以下の動画がオススメです。

作りにこだわればこだわるほど時間が足りなくなるんですよね、ちなみにファクトリオはマルチプレイもあってわいわい遊ぶこともできます!

f:id:sken616:20160511235026p:plain

私は残念ながら一緒にする人がいないので一人で黙々と壁立てながら領土を広げて楽しんでます…

2016/05/22 追記 マルチプレイについて 

マルチプレイの方法を調べがてらこのブログに到達する方が多いので簡単に調べてみました。

ゲームをネットにつないでやるのは単にマルチを選べばできるわけじゃないんですね、誰かのパソコンの中にサーバーを作って、そこにみんなで接続する形になるようです。

接続にはVPNでそれぞれのパソコンをまずは繋ぎます。VPNというのは簡単にいうと、専用回線を使ってそれぞれの端末だけを接続しちゃいますよ、みたいなものだったと思います。まあ今回はそこに詳しい解釈は必要ないので次にうつりますが、そこで簡単にプライベート接続を実現するのが以下のサイトでダウンロードできるHamachiというソフトです。

VPN.net – Hamachi by LogMeIn

f:id:sken616:20160522133705p:plain

実際にダウンロードして環境を設定してみました。

f:id:sken616:20160522134635p:plain

これでまずはプライベートな環境を作れたことになります。次に一緒にプレイする端末にも同じものをダウンロードしてもらいます。環境はすでに作ってあるので、他の方はそれぞれこの環境に接続する形をとります。その際に必要な情報は画像で隠してしまってますが、環境を作る際に設定したID(任意)とパスワードを入力することで簡単に接続できます。

f:id:sken616:20160522135805p:plain

上記の画像は環境に2台接続している状態です。

あとはサーバーを作成してプレイを開始して、マルチプレイから「サーバーに接続」IPを入力することで問題なく利用できるようです。

サーバーの作成方法については以下を参照。

Windows版

バッチファイルなり、コマンドプロンプトからfactorio.exeの有るフォルダで以下のコマンドを実行  

start Factorio.exe --start-server YOURSAVEGAME.zip  

※/waitオプションを付けると自動終了しない。  

YOURSAVEGAME.zipはセーブフォルダの任意のファイル名で。無ければ適当にニューゲームで作る。  

その他オプション類はconfig.iniのパラメータが使える模様。例えば以下の用にすると10分毎、100個ファイルのオートセーブになります。  

start Factorio.exe --start-server YOURSAVEGAME.zip --autosave-interval 10 --autosave-slots 100 起動確認・停止方法はタスクマネージャで。

マルチプレイ - factorio@jp Wiki*

残念ながらMacでのやり方が見つからなかったため、 途中までしか試すことができませんでした。ただ説明を読んだ感じだと、誰かにサーバーを作成してもらって、そこに接続することはできるような気もします…試していないのでなんとも言えません。

もし間違ってる、参考になる記事などあればコメントから教えていただけたらと思います。 

推奨環境は?

WindowsのPCはこんな感じです。

  • OS: Windows 10, 8, 7, Vista, XP.
  • プロセッサー: Dual core 1.5Ghz
  • メモリー: 2 GB RAM
  • グラフィック: 512MB Video Memory
  • ストレージ: 512 MB

Macはこんな感じ。

  • OS: OSX El Capitan, Yosemite, Mavericks, Mountain Lion, Lion.
  • プロセッサー: Dual core 1.5Ghz
  • メモリー: 2 GB RAM
  • グラフィック: 512MB Video Memory
  • ストレージ: 512 MB

ちなみに私は2013年製の13インチのMacBook Airでゴリゴリ動いてくれてます。

ファクトリオを買った当初は重くてとてもプレイできないんじゃないかとヒヤヒヤしましたが全然問題ありませんでした!

まあでもあえて言えば安くてもいいからマウスがあるといいですね。ゲーム内のオブジェクトを操作するのにトラックパッドだけだと中々疲れちゃいます。ちなみに自分が使ってるのはロジクールのM545BKというワイヤレスマウスです。

f:id:sken616:20160511231449j:plain

ちっこいし手に収まって使いやすいです。また昔のと違ってどこでも反応するのがいいとこですね、ガラスの上とかクッションの上とかでも問題なく使えて好きです。

まとめ 

時間をどんどん食べちゃうこのゲームを紹介してみました。正直ゲームしてる暇があるなら勉強しろって話なんですけどね、どんな時でも息抜きが大事ですから!

このゲームならちょっと起動して遊べるし、なんかあればすぐセーブして中断もできるから気が楽です。

Steamで購入してダウンロードできるから思い立ったらすぐ参加できるのも魅力ですね。そしてこのゲームに参加されたら、私のことを思い出してマルチに誘ってくれたらと思います…一人でも楽しいけど、わいわいみんなでやるのもゲームは楽しいですから…。

それではみなさま、またの機会に!さようなら!